トップページへ 会社概要 お問合わせ リンク
サイトメニュー
コンセプト
注文住宅
住まいのプラザ
家づくりの工法
リフォーム
施工集
現場ライブ
オープンハウス・売り土地情報
資料のお申込みはこちら
バーチャル展示場へ
スタッフブログへ
住宅まめ知識〜住まいに関する予備知識

 

地鎮祭(起工式)へ 上棟式(建前)へ 竣工式へ
建ぺい率と容積率へ 用途地域へ  

 

地鎮祭・起工式
建前、棟上げなど、家を建てる時には日本古来から「儀式(祭典)」があります。安全祈願に始まり工事の区切りごとにいろいろな「行事」が行なわれます。

地鎮祭は、建築工事に先立ち土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と、建造物の末永い加護を願う祭りです。大規模な建築工事では必ず行われますが、個人の住宅では省略されることが多くなりました。

儀式は地域の風俗習慣の差により若干異なることもありますが、ここでは一般的なものをご説明いたします。
地鎮祭写真
 
手水の儀
式場の入り口に用意された水桶から柄杓で3回に分けて水を注ぎ・手を洗い・口をすすぎ、白紙で手を拭く入場前の儀式です。(住宅の地鎮祭ではほとんど行われません。)
修祓(しゅうばつ)の儀
祭壇に供えられたものからはじまり、施主・参列者の順に神官がお祓いをしていきます。
降神の儀
祓い清められた式場に神を迎える行事で、神主の降神の詞が唱えられます。
献饌の儀
神饌を神の前に供えます。一般的には式の開始前に供えておき、お神酒を入れた瓶子のふたをとるだけです。
祝詞(のりと)奉上
土地と建物の安全を神に願って神官は祝詞を読み、参会者も起立し頭を下げて願いを 捧げます。
四方祓いの儀
お神酒、米、塩、白紙(正式には切木綿)を敷地の中央と四隅にまきます。
鍬入れ
起工の意味を含めて、施主が鍬またはスコップで盛砂を3度、掘るしぐさをします。
正式には設計者が鎌、施主が鍬、施工者が鋤の順で行います。
玉串奉奠
さかきの枝に神垂を付けたものを、施主・設計者・施工者及び来賓の順に神前に捧げます。
撤饌の儀
神前のお供えを下げる儀式。実際にはお供えはそのままに、お神酒のふたをして終わります。
昇神の儀
お迎えした神をお帰しする儀式で、神官の昇祝詞を奉上します。
これによって儀式 は終わり、参列者の直会(なおらい)に移ります。
上棟式・建前
上棟式は、一般的に建前と呼ばれており、木造では棟を上げる建て方の仕事が終わったことを意味します。
従って大工の棟梁を中心にさまざまな職方が集まって、組上がった骨組みを見ながら、いつ頃自分達の仕事になるかを確認したり、職方同士の意志の疎通を図る場となります。

■住宅工事に於いて、地鎮祭はしなくても上棟式を行う理由は、主催者は施主ですが、職人衆の祭事であるためで、神官を頼まず行うのがほとんどです。
上棟時写真
 
■棟梁が一番高い棟木に幣束を立て、破魔矢を飾り、四隅の柱に酒と塩と米をまいて建物を清め、上棟式の始めとします。簡略されたような上棟式では、市販の上棟用幣束セットが使われます。施主の希望によって棟札に、施主、設計者名、施工者名、完成後に竣工年月日を書き入れて、梁に取り付けることもします。 上棟式
 
コンクリート造では、最上階のコンクリートが打ち終わり、ある程度のコンクリートの型枠もはずされて、建物の形が見えてきた段階で行われます。少し大きな規模の建物では祭事を神官に依頼し、定礎式と上棟式を兼ねて行うこともあります。定礎石 を棟札に代えて、建物の名称、竣工年月日、建築主、工事関係者等の名前を刻み、正面玄関近くの東南に向けて 配します。 上棟式2
竣工式
■一般住宅においては竣工式までは行われませんが、入居後、新しい住まいの披露を兼ねて祝宴を催すことがあります。近年は設計者、工事関係者、知人友人を加えて、ささやかなホームパーティーを開くことか多くなりました。

竣工式建物が無事完成したことを神に報告し、感謝すると共に、長く堅固であることを祈願する式です。大規模な建物では、清祓の儀、竣工奉告の儀をとり行ってから落成祝賀式となります。
建ぺい率と容積率
建ぺい率敷地面積に対する建築面積の割合です。

これは土地の用途地域ごとに制限されているもので、住宅を平面として考えて、敷地に対してどれくらいの床面積の建物が建てるのが可能かをあらわします。いちばん床面積の広い階の床面積が、敷地の何%まで認められるか考えながら、住まいの規模や間取りプランも変わります。
建ぺい率説明図
 
容積率敷地面積に対する建物の延床面積の割合を示すものです。

これから建てようとする住宅のすべての階の床面積の合計が、その敷地の何%まで建てられるかを用途地域ごとに決められていますので、最も基本的な制限と言えます。
容積率説明図
 
用途地域とは、住宅地に望ましい環境づくりや、商工業に適した地域づくりなど、それぞれの地域にふさわしい発展を促すため、都市計画法に基づいて定められたものです。

地域区分には大きく分けて「住居系」「商業系」「工業系」の3つがあり、その中ででさらに細かく分けられ、全部で12種類あります。
地域ごとに建てられるものと建てられないもの、その規模の制限が詳しく規定されていて、その中で「工業専用地域」だけには住宅が建てられません。
住宅を計画している敷地の用途地域は、各市町村役場や区役所の建築課、都市計画課などで調べる事ができます。用途地域によって住宅の建ぺい率や容積率が決まっていますが、同じ用途地域でも場所が変わると建ぺい率・容積率は変わってきますので事前のチェックが必要となります。
■第一種低層住居専用地域
低層住宅地の良好な環境を保護する地域です。小規模な店舗や事務所を兼ねた住宅及び小・中学校の日常生活に必要な施設に限り建てられます。
 
■第二種低層住居専用地域
主として低層住宅地の良好な環境を保護する地域です。小・中学校のほか、日常生活に必要な150u までの独立した一定の店舗、飲食店などは建てられます。
 
■第一種中高層住居専用地域
共同住宅やマンション等の良好な中高層の環境を保護する地域です。病院、大学及び500u までの日常生活に必要な一定の店舗、飲食などは建てられます。
 
■二種中高層住居専用地域
主として共同住宅やマンション等の良好な中高層の環境を保護する地域です。病院、大学及び1500uまでの一定の店舗や事務所など必要な利便施設は建てられます。
 
■第一種住居地
主として住居の環境を保護する地域です。居住環境を害するような工場、パチンコ店などは建築できませんが3000uまでの店舗、事務所、ホテルなどは建てられます。
 
■第二種住居地域
主として住居の環境を保護する地域です。居住環境を害するような工場などは建築できませんが、店舗、事務所、ホテル、カラオケボックスなどは建てられます。
 
■準住居地域
道路の沿道において、自動車関連施設などの立地とこれと調和した住居の環境を保護する地域です。一定規模までの自動車修理工場、劇場などは建てられます。
■近隣商業地域
周辺の住民が日用品の買い物などをするための地域です。住居や店舗などのほか、小規模の工場は建てられます。
 
■商業地域
銀行、映画館、飲食店、百貨店、事務所などが集まる地域です。住居や小規模な工場は建てられます。
■準工業地域
主として環境への影響が少ない軽工業の工場や、サービス施設などが立地する地域です。環境を著しく悪化させる恐れのある工場以外は、ほとんどの建物が建てれられます。
 
■工業地域
主として工業の利便を増進する地域で、どんな工場でも建築できます。住居や店舗などは建てられますが、学校、病院、ホテルなどは建てられません。
 
■工業専用地域
工業の利便を増進する地域です。どんな工場でも建築できますが、住宅や店舗、病院等は建築できません。
ページTOPへ